マンションのトイレの水漏れ被害は深刻!

マンションに暮らしている場合、防音などがしっかりしているマンションでも両隣部屋や下の階の方などに気を使いますよね。
水のトラブルが起きた時も同様で、万が一トイレの水漏れなどが起きた時には、早急に対応しなければ水が階下に漏れてしまい、ほかのご家庭にも迷惑をかけてしまうだけではなく、賠償を負う可能性もあるのです。 一戸建てであれば下の階も自分の部屋なので他人に迷惑を掛けることはないのですが、集合住宅は注意が必要です。

トイレの水漏れ…自宅に及ぼす被害

それでは実際にトイレの水漏れが発生した場合の被害について解説していきます。まず水漏れの量が終了でパイプと水道管の接続部あたりから水が漏れたといったケースなら、ポタポタくらいの水の漏れなのでパッキンを交換するなど適切に処置すれば大事に至ることは少ないです。ただ長期間不在にしていて漏れ続けていた場合は注意が必要です。
次にトイレタンク故障で水が漏れてしまったり、便器の詰まりなどから一気に水が出てしまった時には漏れる水量も多くなる為、床下に溜まったり階下の天井へ水漏れしてくる可能性が出てきます。

トイレから漏れた水が、きれいな水ならいいのですが便器から汚水があふれた場合は、壁や床にシミができたり、廊下や床下にまで浸水した水を除去しても悪臭がしばらく残るなど被害が大きくなります。 夏場であれば虫が湧いたりカビの原因にもなります。

トイレの水漏れ…階下の(部屋)ご家庭に及ぼす被害

次に視点を変えて階下へ漏水してしまった場合に、下の部屋ではどのような被害が起きるのか解説します。
トイレから漏れて水の水量が多く、自宅の床下から階下の天井へに浸透してしまうと被害は深刻なものとなります。

【考えられる階下の被害】
  • 天井にシミができる
  • 家電製品が濡れて故障する
  • 家具が濡れてシミができたり使えなくなる
  • 悪臭がする
  • クロスがはがれる
  • 水量が多いと部屋中が水浸しになる

電化製品や壁紙、それに家具など自分の家の水漏れによって汚し故障させてしまったものは弁償しなければなりません。
汚水が漏れた時には悪臭もありますし、ハウスクリーニング業者を入れて清掃することもあるでしょう。
トイレの水漏れで階下の部屋に被害を与えた場合、家具が高級なものならそれだけでも大きな額の弁償が必要となります。

水の漏れを発見したらまずは止水栓を止めて!

誰でも急に水漏れが起きてしまった場合は、あわててしまい正常な判断が難しくなります。
マンションなどの集合住宅でトイレから大量の水が漏れてしまったときも容易にパニックになると思います。
「水が流れ続けているけどどうやって止めればいいかわからない」「汚水があふれてしまって何をしていいかわからない」といった状況に陥ると思います。
まずは被害の拡大を防ぐために、すぐに漏水を止める必要があるので、止水栓を止めるか水道の元栓を止める処置が必要です。

水が流れ続けている場合は、トイレにある止水栓を閉めましょう。タンクにつながっている配管をたどっていけば見つかるはずです。
トイレの止水栓を探しても見つからない時には、水道の元栓から水を止めましょう。
マンションの水道の元栓は玄関を出て横の壁(パイプスペース等)に設置されています。 扉があるはずなのでそこを開けて水道の元栓をしっかり締めます。

※集合住宅によって大元の止水栓の位置は異なります。どうしても見つからないときには大家さんに確認して下さい。
➤トイレの水漏れ時の応急処置

止水ができた後に必要な処置

水道の元栓を止めた後は、被害が最小限で済むようにバスタオルや雑巾で急ぎ水を吸い取る処置が必要です。
床の水を「タオルに吸い込ませて、バケツに絞り出す」これをひたすら繰り返していきましょう。
水道の元栓が締まっているのでこれ以上は水が漏れてくる心配はありません。
落ち着いて素早く漏れ出た水を吸い取りましょう。

床の水をすべて拭き取れたら、次はカビが生えないように窓を開けて換気し、室内の湿気を逃がして乾燥を速めることも重要です。
汚水が逆流した場合には、悪臭がついてしまうのできれいに水分を拭きとってから再度水ぶきを行い悪臭が残らないように処置します。除菌スプレーも有効です。

水が漏れている原因が何かを突き止めるのはこうした応急処置を施してからです。
原因がわからない時には処置を行ってから水道業者に連絡し、故障個所を確認してもらい修理、必要であれば便器などの交換を行います。

慌てずスピーディに対応することがポイント

集合住宅では水漏れが家庭だけに納まらないことも多いです。
水を止めてから素早く漏れ出た水を除去し、下の階に迷惑が掛からないようにスピーディに作業する必要があります。
万が一、階下に水が漏れてしまった場合にはマンションの管理をしているところ、大家さんがいれば大家さんに連絡し、どのように対応すればいいか相談すべきです。
その上で損害を与えた壁や家具などがあれば賠償をしていく必要があります。

火災保険が使える可能性がある

漏水事故では、階下や隣の部屋へ被害を及ぼしてしまった場合に火災保険で補償してもらえる可能性があります。
火災保険に加入していることが絶対条件ですが、賃貸でも分譲でも火災保険は必須になっていることがほとんどだと思います。
※更新をうっかり忘れていた場合は、補償されません。
天井からの水漏れなどの漏水事故が発生したら保険会社に問い合わせてみましょう。 【補償される条件】

  • 給排水設備の破損による水漏れ
  • 他の階で生じた水漏れ
  • 隣宅が火事になった時の鎮火活動による水漏れ
状況にもよりますが、家財道具にも適用されます。
入居時の書類を確認して、加入している保険会社へ問い合わせれば、補償してもらえるか確認することができます。

火災保険で補償されるといってもいくつか注意が必要です。それは「全額補償ではない」「家財は劣化も考慮して金額を算出」このような形になります。例えば「100万円で買ったタンスでも10年間使用していたら劣化を考慮して30万円の評価しかない」といったことが起こります。なかなか納得できないことかもしれませんが、すべて新品で買い直せるほどの金額は補償されません。

参考サイト:補償内容 | 補償内容 | 個人用火災総合保険『THE すまいの保険』 | 【公式】損保ジャパン

自分で対処できないときは水道屋の達人へお任せ

ここまでトイレの漏水時の被害と対処法について解説してきました。 その中で、自分ではどうしていいかわからない方は水道屋の達人へご連絡ください。 24時間、年中無休でコールセンターへつながります。 水漏れしているトラブル箇所は即日修理も可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。 点検のみでも無料でお伺いいたします。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

各種サービス料金説明price

トイレ
web割引 3,000円
出張料金無料
つまり・水漏れトラブル 作業代5,000~
キッチン|台所
web割引 3,000円
出張料金無料
つまり・水漏れトラブル 作業代5,000~
浴室|お風呂
web割引 3,000円
出張料金無料
つまり・水漏れトラブル 作業代5,000~
洗面所
web割引 3,000円
出張料金無料
つまり・水漏れトラブル 作業代5,000~
洗濯場
web割引 3,000円
出張料金無料
つまり・水漏れトラブル 作業代5,000~
屋外水回り
web割引 3,000円
出張料金無料
つまり・水漏れトラブル 作業代5,000~
ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

               
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県