トイレの水漏れを予防する方法。

トイレは生活の中になくてはならない設備品です。
毎日利用するところであり家族が多ければその分部品などの劣化も早まってしまいます。
トイレは排泄物を水で流すため、利用されている部品がちょっとでも破損すると水漏れが始まり、さらに劣化を進めてしまうのです。
そんなトイレの水漏れ防止をするための原因と予防策についてご紹介します。

水漏れはどんなことが原因で起こるのか

トイレの水漏れの原因は、主に3つ存在します。
・パイプなど接続部から起こるもの
・トイレタンクが原因となるもの
・ウォシュレットや便器が原因となるもの

まずは水が漏れる原因を探り、その原因に合った予防策を講じる必要があります。
水漏れ原因をそれぞれご紹介していきます。

パイプ・水道管の接続部が原因

パイプや水道管の接続部にはナットやパッキンなどが利用されていますが、ここから水が漏れていることがあります。
原因はパッキンの劣化、ナットの締めが緩い、もしくは緩んだなどです。

接続部に利用されている部品はどうしても経年劣化をしてしまいます。
特にパッキンは劣化しやすい場所なので、長くそのままにしていると劣化してしまい、水が染み出るように漏れてしまうのです。

タンクが原因

常に10リットルくらいの水が入っているタンクもパイプ、水道管が接続されています。
接続部から水が漏れている場合は、パッキンの劣化やナットの緩みが原因となることが多いのですが、問題はタンクそのものに原因がある場合です。
タンク自体に問題がある場合漏れてくる水の量も多いのでこの場合はすぐに業者を呼んで対応します。

ウォシュレットや温水洗浄便座が原因

ウォシュレット本体が割れてしまったり、接続部のゆるみなどが原因で水が漏れてくることがあります。
ウォシュレットの水が漏れている時には本体を交換しないと直らないこともあるので、どこから水が漏れているのかをよく確認することが必要です。

便器が原因

便器そのものにひびが入るなどして床に水分がしみ込むように漏れてしまうこともあります。
便器全体が濡れていて床に水が落ちている場合には、結露によるものがほとんどです。
便器にひびが入っている場合、応急処置はできても根本的な解決は業者に修理依頼する必要があります。

便器のひび割れをそのままにしておけば床が常に湿っている状態となり、床材の効果が必要なこともあるのです。
便器にひび割れなどがないようでも床が毎日濡れる時には、便器の見えない部分に傷が入り水が漏れていることもあります。

トイレの水漏れを予防するためには?

トイレの水漏れはその原因によって予防策を考えることができます。
トイレの水漏れ原因別にご紹介していきます。

パイプ・水道管の水漏れ予防策

パイプ、水道管などの接続部はナット、パッキンなどが利用されているので掃除の際によく確認し、一定の期間でナットの締め直しやパッキンの交換などを行いましょう。

タンクの水漏れ予防策

タンクも接続部の定期的な締め直しやパッキンの交換を行うこと、また日々の掃除の中でタンクに不具合がないか確認することで、大きなトラブルを予防できます。

ウォシュレットの水漏れ予防策

ウォシュレットも接続部については確認できますが、内部を通っている水がどこかで漏れていることもあるので、業者以外対応できないことも多いです。
掃除を行うとき、ウォシュレットも水が漏れている個所がないか確認し、染み出ているような部分があれば早めに業者を呼び修理してもらいましょう。

便器の水漏れ予防策

便器は清掃の際、ひびなどが入っている部分がないか、床が常に湿っていないかチェックします。
蓋を閉めるとき乱暴に扱わないこと、高いところのものを取るときに便器の上に乗らないといったことが予防策です。

予防は日々のチェックで!対策は早急に!

トイレは毎日利用する場所ですし、お客様が来れば外部の方も利用するため常に清潔にしておきたい場所です。
水が漏れれば床を腐らせることになり、大掛かりな改修工事が必要となることもあります。

定期的に劣化する部品を交換するなどのメンテナンスが最大の予防策です。
水漏れを発見し自分で対応できない状態となれば「早急に」業者に連絡し必要な処置をしてもらいましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県