トイレの水漏れには種類がある?症状別に解説!

トイレの水漏れを症状別に解説しています。困った時には必ず役に立つので、適切な応急処置をするためにも確認して起きましょう。

トイレの水漏れを症状別に確認

ここでは、トイレの水漏れで最も多く見られる症状をご紹介しています。知っているだけでも安心なので、確認だけでもしておいてくださいね。

トイレタンクの下から水漏れ

トイレタンクには常に水が入っているので、水漏れする可能性も高いです。特にトイレタンクの下から水が漏れている場合は、トイレタンク内の部品に何かしらトラブルが起きている可能性があります。

トイレの便器と床の隙間から水漏れ

トイレの便器と床の間から水が漏れてしまうという症状も特に多く、この症状が見られた時は早急に業者を呼ぶ必要があります。水がどんどん床に溢れてくる可能性もあるので、新聞紙などを用意しておくと良いでしょう。

この症状が見られた時には便器が割れていることがほとんどなので、便器ごと交換する必要があります。

トイレの水漏れは他にもある

トイレの水漏れにはまだまだ他の症状もあります。頻繁ではない症状ですが、可能性はあるのでこちらもチェックしておきましょう。

温水洗浄便座からの水漏れ

温水洗浄便座はいわゆるウォシュレットで、便座の脇やウォシュレットのノズルから水漏れが起きる場合があります。水漏れ箇所をチェックした際に、便座を上げれば水漏れしていることが確認できます。

電化製品なので水漏れをすると感電する恐れがあります。水漏れの原因が温水洗浄便座だと判明したら、すぐに電源プラグを抜いて感電しないように気をつけましょう。

給水管から水漏れ

トイレには給水管がありますが、この給水管からも水漏れする可能性があります。吸水管は壁から出てタンクと繋がって、給水管からタンクへと水が送り出されています。給水管はおよそ15年で劣化するのが一般的なのですが、何かしらの理由があり破損してしまう場合もあり、そのため水漏れする可能性があるのです。

給水管自体の劣化や破損だけではなく、その周りの部品の劣化や破損でも水が漏れるので、給水管等から水が漏れていることが確認できたらまずは止水栓を閉め、水が流れないようにしてから業者を呼びましょう。

まとめ

トイレの水漏れの症状は様々で、どの症状が起きるかまではわかりません。ですが水漏れが起きた時に症状を確認することで、早急な対応を取ることができます。それぞれを症状別で少しでも知っておけば、業者が来てくれるまでの間に被害を最小限に抑えることもできます。

トイレの水漏れは応急処置を知ることも大切ですが症状別に何が起きるのかを知ることも重要なのです。本当にいつ起きてしまうのかわかりませんので、応急処置だけではなく症状も合わせて、必ず確認しておくようにしましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県