キッチンの水漏れを予防する方法をご紹介

キッチンの水漏れの原因と予防法

キッチンの水漏れは細かい部品が集まっている蛇口まわり、キッチン下部の止水栓、経年劣化によって亀裂が入り水漏れしやすい排水栓の3ヶ所が多くみられます。

伸びる蛇口やハンドシャワーを使っている場合は、蛇腹式のホースにも水漏れの危険があります。排水口や排水ホースの詰まりによる水の逆流も、キッチンの水漏れトラブルに多いケースです。

原因がどこにあるか分からない場合、まずは水漏れの箇所を確認してください。部品のどこから水が出ているかチェックし、つなぎ目などから水漏れが起きていれば、パッキンの劣化などが考えられます。

経年劣化によってナットがゆるみ、そこから水漏れを起こすこともありますし、部品が破損を起こして水が漏れ出てしまうこともあります。

キッチンに一般的に使われているシングルレバー混合水栓なら、レバーの下に遊びのスペースが設けられているために水漏れを起こしやすく、構造上水漏れが起きやすいといわれています。

いずれの場合も、自力で対処できないトラブルはプロに確認・修理の依頼を行うことをおすすめします。

水漏れを起こさないためのポイント

水漏れを起こさないためのポイントとしては、以下の方法が挙げられます。

部品が経年劣化を起こしていないかをチェック

水回りの部品は10年程度で経年劣化が起きてきます。それ以上経っているものについては、亀裂や部品のゆるみによる水漏れが心配です。プロの業者に確認を依頼して、新しいものへの交換も検討したいところです。

排水口や排水ホースの詰まりに注意

水漏れの原因に多くみられるものが、排水口や排水ホースの詰まり。食材や食べ残しをそのまま排水口に捨ててしまうと、細いホースの中で詰まってしまい逆流や水漏れの原因になります。

目の細かいゴミ受けを排水口に設置するだけでも、排水口まわりの水漏れの原因を予防できます。

まとめ

キッチンから水漏れが起きたときには、まずトラブルが出ている箇所をしっかりと突き止めることが第一です。そのうえで、経年劣化や詰まりなどの可能性を考えてみてください。

また、自分で部品のゆるみや歪みを直すのはNG。水回りの修理は、状況によっては大掛かりに行う場合もあるため、プロに依頼するのが確実です。自分で解決しようとして、かえって状態を悪くさせてしまう可能性もあります。

修理や交換の際は時間をおかず、プロに依頼をしましょう。その際、水回りの使用状況や設備の年数を伝えておくとスムーズです。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県