キッチンが水漏れしたときの応急処置を知る

キッチンの水漏れと応急処置の手順

キッチンで水漏れが起きたら、以下の手順で応急処置を行いましょう。

止水栓を締める

まず水漏れを拡大させないために、止水栓をすべてストップさせます。室内の止水栓にはハンドル式と、マイナスドライバーを使うタイプの2種類があります。

止水栓は、キッチン下の扉を開けたところに見える給水管の途中にあります。給水管が見えない場合はパネルや点検用の扉があるので、そこを開けて止水栓を止めます。給水をストップさせることで、水漏れの被害を抑えることができます。

水漏れ箇所をチェック

応急処置の前に、水漏れがどこで起きているかチェック。蛇口の取り付け部分、パイプの連結部分、付け根、吐水口などを調べましょう。

部品のゆるみを締め直す

ナットのゆるみによる水漏れは、レンチやプライヤーで締め直せば解決します。ホースの劣化などは一時的にテープを貼り付ければ水漏れが止められますが、最終的に交換になる可能性もあります。

亀裂部分にテープを貼っておけば、水漏れを一時的に食い止めることができます。業者の到着までの一時的な応急処置として、レンチやパテ、テープなどを用意しておきましょう。

応急処置のポイント

丁寧に扱う

蛇口をはじめ、キッチンまわりには部品がたくさん。自分で修理をする際には、部品をなくさないように注意しながら、一つ一つを丁寧に扱いましょう。

強く押したり引っ張ったりすることはもちろん、業者が駆けつけるまでの応急処置なので、丁寧に処置を進めることが大切です。

すぐに直せるところを優先的に

あくまでも応急処置なので、大掛かりな作業の必要はありません。ナットのゆるみを直す、水漏れ箇所にテープを貼る程度にとどめ、それ以上の作業は業者に依頼をしましょう。

複数の箇所から水漏れをしている場合は、すぐに直せるところから優先的に作業しましょう。

まとめ

キッチンまわりの応急処置で大切なことは、慌てず冷静に対処することです。まずは止水栓を止めて水漏れ箇所をチェックし、できるところから対処していきましょう。

交換部品が必要になる場合はすぐに業者に連絡を。自分で部品を揃えようとすると、規格外のものを買ってきてしまう可能性があります。

また、排水管や蛇口といった部品本体の取り換えは初心者には難しいため、最低限の工具でできるところから対処することをおすすめします。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県