キッチンの排水詰まりの応急処置を理解しよう

キッチンから生臭い臭いが取れない…というとき、生臭い元となる古い食品があるかもしれませんが、排水溝からの臭いという可能性があります。
排水溝が流れにくかったり、流れる時にぼこぼこ音がしたり…これは排水詰まりが原因です。
完全に詰まってしまうと大事になってしまうので、つまりが見られた時の応急処置を知っておきましょう。

薬剤を使った排水詰まりの応急処置

排水詰まりに効果が高いクリーナーや薬品を使う応急処置方法があります。
薬品の成分で溶けにくい油汚れや野菜かすなどを除去する方法です。
クリーナーをパイプ内に入れてしばらく時間を置いてから水を流すだけなので簡単に作業できます。

最近は家庭用でもかなり強力な掃除用品が登場しています。
排水溝の詰まりを除去してくれるクリーナーなどもあり非常に便利です。
水道業者が利用する業務用のかなり強い薬品なども売っていますので、こうしたものを利用してもいいでしょう。

業務用の薬品を利用する時には、家庭用とは違い本当に強い薬剤なので十分な注意して行う事が大切です。
できればこうした業務用の薬品が必要な状態になる前に、家庭用の薬品などで対処できる時に処置しておく方がいいでしょう。

ラバーカップを使った応急処置

排水詰まりが起きて水が流れていかないという時、家庭にあれば非常に役立つグッズとなるのがラバーカップです。
ラバーカップはトイレなどでよく利用するつまりをとってくれるグッズで、「すっぽん」とも言われています。

ラバーカップは和式・洋式の2タイプがあり、キッチンで利用できるのは和式タイプの方です。
ラバーカップを排水溝にしっかりと押し付けて一気に引き上げます。

水の量がカップ全体を覆うくらいの水の量がちょうどいい量となるので、水をためてから行うのがコツです。
水の圧力で詰まっているものが動けば上に浮き上がってくる可能性があり、うまくつまりを解消できるかもしれません。

雑巾を利用した排水詰まりの応急処置

ラバーカップがない場合には雑巾を利用した方法があります。
ラバーカップ同様、水の圧力を利用した方法ですが、つまりによってはラバーカップよりも効果が高いかも?といわれている方法です。
排水溝のごみ受け、ワントラップなど全部外しておきます。

排水溝の穴の中に雑巾が下に流れていかないように、ぎゅうぎゅうに押し込んで雑巾がつかめるように端っこをシンクから出しましょう。
水が全く流れないくらいに雑巾を詰め込んでから熱い湯を注ぎます。
排水溝にお湯が流れているようなら、再度雑巾を入れ直してから行ってください。

シンクの8割くらいの高さまでお湯を入れる事が出来たら、一気に雑巾を引き抜きます。
お湯が熱いのでビニール手袋の厚いタイプを利用してやけどしないように気を付けてください。
一気に雑巾を引き抜くとお湯は一気に排水溝に吸い込まれていくため、水圧によって排水つまりが解消される可能性があります。

お湯で行う事で油汚れなども除去できるのでお湯で行う方がいいでしょう。
ポイントは熱湯を利用する事、これによって油汚れなども含めて排水管の汚れ落としにもなります。

キッチンの排水溝は定期的にメンテナンスを

キッチンの排水溝はすぐにぬめりがでますし、掃除が嫌だなと思う場所かもしれません。
日々の掃除は面倒かもしれませんが、掃除をこまめに行う事で排水溝にものがつまっている事がわかることもありますし、臭い?と感じられることもあるのです。

定期的にパイプクリーナーなどを利用して排水溝のメンテナンスを行っていれば、つまりを予防できます。
応急処置を理解しておくことも必要ですが、予防として定期的なメンテナンスを行う事も必要でしょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県