お風呂の排水詰まりが起こる被害個所とは?

お風呂はキッチンやトイレ、洗面所などとは違い排水の個所が複数あります。
ユニットバスの場合には、浴槽の排水と洗い場の排水があるので基本的に2か所あるわけです。
この2か所の排水は別々の排水管につながっているわけではなく、両方の排水口から同じ排水管に流れ込むようになっています。
排水詰まりの被害がある個所はこの個所以外にも、排水トラップ、排水管と4か所あるのです。

排水詰まりによる排水口の被害

排水口は排水詰まりの被害が最も多い場所です。
お風呂に入って髪の毛を洗えば抜けた髪の毛が流れますし、体を洗うときにはボディシャンプーやせっけんカス、それに皮脂や体の垢なども流れていきます。
排水口の蓋を開けるとヘアキャッチャーがあり髪の毛はそこにたまりますが、全部をここでキャッチできることはありません。

皮脂汚れや垢、せっけんカスなどは受け止められることなく流れていくので、排水管におちた髪の毛がこれと混ざり塊のようになって排水詰まりを起こすのです。
こまめに髪の毛を除去し、排水溝の掃除を行うことである程度予防ができます。

異物を排水管に落としてしまうこともあります。
排水トラップがあるのでそこで止まることもありますが、トラップを外して掃除しているときにものを落としてしまうこともあるので注意が必要です

排水詰まりの被害は排水トラップにも…

排水トラップにシャンプーかすなどの汚れがぬめりのようにくっついて水が流れにくくなっていることもあります。
排水トラップというのは排水管のにおいがお風呂のほうに入ってこないように、水を使い空気によってせき止めるという重要な役割がある部品です。
キッチンの排水口にも利用されていますが、お風呂の場合は排水口が1つではないので、キッチンなどのトラップとは違い少し構成が複雑になっています。

トラップそのものは洗い場の排水口真下に位置していますが、そこに汚れや異物がたまって排水詰まりを起こしていることもあるのです。
排水トラップをきれいに清掃する必要がありますが、トラップに汚れが付着しているということは排水管にも汚れが流れ込んでいますので、清掃プラスパイプクリーナーなどで排水口の中もきれいにする必要があります。

排水管への被害は業者を呼ぶほうが安心

異物を落としてしまって排水詰まりが起きている場合や、排水管に流れたはずのお湯が逆流したり流れないという時には、排水管に詰まりが起きていることが考えられます。
排水管の中に詰まりが起きている場合はパイプクリーナーなどで詰まりが除去できるか作業してみて、直らないようなら業者を呼んで対応してもらうことが必要です。

お風呂の排水口は1つではなく、排水管も内部で複雑な仕組みとなっています。
そのため、排水管のどこに詰まりが発生しているのかまず調査が必要です。
ものを落とした場合でも、それがどこまで流れてしまったのか知るすべはないのです。
業者はこうした調査もできますし、詰まりを取る技術を持っていますので任せるほうが排水管を傷めることもなく安全でしょう。

被害個所によって改善方法を考えることが必要

お風呂の排水詰まりの被害がどこに起きているのか、それによって改善する方法が違います。
まずは排水口の清掃を行い、排水管を薬剤などで洗い流し直るかどうか確認してみましょう。
排水管が詰まっていることがわかっている場合や、水の詰まりが直らないときは業者に連絡すべきです。

詰まりの個所によって家庭では対応できないこともありますし、対応しようとして詰まりがひどくなることもあります。
自分で対応できることなら一度対応してみて、対応できないことならヘタにいじらず業者を呼ぶほうが安心です。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県