お風呂の排水口つまりはなぜ起こる?その原因とは

毎日入るお風呂、ふと気が付くと水の流れがよくないということもあります。
浴槽から水を抜いてそろそろ抜けたかな?と見に行くと水の抜けが悪い・・・お風呂は髪の毛や皮脂汚れ、せっけんカスなどを排水するためどうしてもつまってしまうのです。
日々清潔に利用したいお風呂で排水口のつまりが起こる原因にはどのようなことがあるのでしょう。

排水口つまりの原因の一つ「髪の毛」

髪の毛は水に溶けることもありませんし除去しなければ残るのでこれがつまってしまう原因になります。
そのため排水口には髪の毛をキャッチするヘアキャッチャーが付いているのですが、キャッチしきれない髪の毛は排水管に流れていくのです。
髪の毛を受け止めるヘアキャッチャーにたまった髪の毛をこまめに取り去ることで、詰まりにくくなりますが、排水管に流れた髪の毛はやがてほかの汚れと塊になり排水管につまっていきます。

せっけんカスやシャンプーのカスも原因となる

お風呂で体を洗う時にはボディシャンプーやせっけんなどを利用します。
せっけんカスなどは体を洗い流すとき、水と一緒にどんどん流れていきますが実はせっけんカスは少しずつたまっていくのです。
これが髪の毛や誤って流してしまった固形物と一緒になるとぬめりのある汚れとなります。

洗剤由来の汚れは通常アルカリ性を持っている成分なので、クリーナーなどをしっかり利用することでつまらせることなく流すことが可能です。
キャッチャーの掃除と定期的なクリーナーによるメンテナンスを行うことで、このつまりの原因を予防できることも覚えておきましょう。

厄介なつまりの原因「固形物」

最近はエコを考えてシャンプーやコンディショナーなど、詰め替え用を利用する家庭が多いです。
プラスチック容器に詰め替えるとき、詰め替え用商品の先を切って詰め替えます。
この時切った部分が排水口に流されてしまうこともあります。
剃刀の刃やシャンプー、洗顔フォームのキャップなども誤って流してしまうこともあるでしょう。

後継物が大きければ大きいほど排水管につまりやすくなりますが、小さくても髪の毛やせっけんカス、皮脂汚れなどと一緒につまると厄介です。
固形物が排水管の中に落ちた…とわかっている時で、ものが排水管の中に見える状態なら何とか取れるかもしれません。

しかし排水管の奥のほうに入り込んだ時には自分ではどうすることもできないでしょう。
無理やり取ろうとして排水管の寄り奥のほうに詰め込んでしまうこともあります。 このような場合には無理せず、業者を依頼してつまった固形物を除去してもらうことが必要でしょう。

皮脂汚れや垢もつまりの原因になる

毎日お風呂に入っていてきれいなようでも、体、髪の毛を洗うとき皮脂汚れや垢が流れます。
この皮脂汚れや垢が排水口つまりの原因になります。

排水トラップや排水管の壁にすこしずつ付着し、掃除やメンテナンスを行わずにいるとどんどんこびりついてしまうのです。 トラップやキャッチャーの汚れは掃除で除去できますが、排水管の中は掃除できないのでクリーナーなどによるメンテナンスが必要となります。

掃除とメンテナンスを行うことがつまりを予防する

お風呂は毎日洗って利用していると思いますが、一人暮らしの方などは面倒でしばらく洗っていないということもあるでしょう。
しかし排水管などがつまらないようにするためには日々の掃除と定期的なメンテナンスが重要なのです。

お風呂の掃除も排水口部分は定期的でもいいのでキャッチャー、トラップなどきれいに洗う日を設けます。 クリーナーなどを利用したメンテナンスは少なくとも1か月に1回、できれば2週に1度くらいの頻度で行うようにしましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県