キッチンの排水溝のつまりは何が原因なのか

キッチンは毎日利用するところ、家族の口に入るものを調理する場所ですから、清潔にしておきたいものです。
水の流れが悪かったり臭いと感じるとき、キッチンの排水溝がつまっている可能性があります。
ごみなどが流れないようにしているつもりなのにつまりが起きるの?と思う方こそ、原因を理解してほしいです。

油汚れが原因

キッチンの排水溝に直接油を流しているという人は少ないと思います。
地球環境のことを考える人も多くなり、しっかりと処置されている方のほうが多いでしょう。
しかしフライパンに残った少しの油も積もり積もると排水溝によごれとなって残ってしまうのです。

油汚れはフライパンのほかにも調理したものを乗せた食器類、お箸やスプーンなどにも付着します。
日々、食器や調理器具を洗っているうちに水と油、さらに野菜くずなどが混ざりつまりの原因となるのです。
油が排水管の中に付着し始めるとその上に重なるように油が付着し、だんだんと層を作るように増えていきます。
そうなると排水管の水の通り道が狭くなりやがてつまってしまうという症状が起こるのです。

野菜カス、食べかすなどが原因

食材のかすは三角コーナーに捨てているし、排水溝にはごみ受けがあるので野菜カスや食べかすなどが排水管の中に流れ込むことはないと思っている人も少なくありません。
しかし、すべてのカスをごみ受けや三角コーナーでキャッチできるかというとすべてではないのです。
ねぎの小さいくずがキャッチを通り越し流れてしまったり、卵の内側のぬめりなども流れます。

食材のカスはとても小さくごみ受けでもキャッチできないことがあるのです。
こうしたごみが排水管にすこしずつたまることで排水口がつまる原因となります。

ものを落としてつまりが起こることもある

キッチンでは竹串やつまようじ、それにスプーンやフォークなども利用します。
通常、トラップがあるのでこうしたものは排水管に落ちることもないのですが、つまようじなどは誤って流れてしまい、つまってしまうことがあります。

キッチンのシンク内の掃除をするときには、定期的に排水トラップを取って内部を清掃しますが、この時、フォークやスプーンなどを誤って落としてしまう事故も発生しやすくなるようです。
スプーンやフォークなどを周囲に置かず掃除していても、掃除に利用している古い歯ブラシを落としてしまったり、奥のほうを清掃する細長い掃除用区具を落としてしまうこともあります。

異物が落ちてしまうとその時には水の流れがスムーズでも、異物がある分、油汚れや食材のかすなどがたまりやすくなり、つまりを起こしやすくなるのです。
ものを落とさないようにしていても洗剤で手が滑って落としてしまうこともあります。
掃除のときにも十分注意が必要です。

まれに起こるつまりの原因「青さび」

本当にまれなことですが、配水管の中に青さびが発生し錆によってつまってしまうこともあります。
排水管は銅素材が含まれているため、まれにこうした錆が原因でつまることが起こるのです。 青さびによってつまってしまった時には、クエン酸と重曹(ドラッグストアなどに売っています)を混ぜて錆付きのある部分に塗り込むと効果があります。

つまりは毎日の掃除してメンテナンスで予防しよう

キッチンの排水溝がつまる原因を作らないためにも、日々の掃除をしっかり行うことと、定期的にパイプクリーナーなどを利用し、油汚れや食材カスなどを洗い流すことが予防となります。
市販されているクリーナーで2週に1度くらい利用し、排水管の中をクリーンにしましょう。
排水管が完全につまってしまってから対処しようと思っても対処できないこともあります。
業者を呼べば費用が掛かりますので、掃除とメンテナンスをしっかり行い予防しましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県