トイレがつまる前兆の症状

生活する中でトイレはなくてはならないものです。
普段何気なく利用していますが、水漏れやつまりなどが起きて利用できなくなるとトイレの重要性に気が付きます。
つまってから対処しても大きなトラブルとなることも多いので、しっかり対応しておきたいものです。
つまる前にどのような前兆がみられるのか、その症状を理解しましょう。

便器の水位が高くなる

便器の水位が高くなる症状もつまりの前兆です。
通常便器の水の量は低くなることも高くなることもなく、一定の位置を保っています。
しかし便器の水が高くなっている時にはどこかがつまっているということです。
どこかで何かつまっていて水が流れにくくなっているため、一定のはずの水が高くなります。

この前兆がみられた時には、水ではなくぬるま湯を定期的に(5分おきくらいに複数回流す)流すと効果的です。
ぬるま湯を流すことでこのくらいの状態であれば通常一定の水の量に戻ります。 処置を行っても状態が改善しない時には業者に相談してみるといいでしょう。

水を流すとゴボゴボという音がする

トイレの水を流すと流れるときにゴボゴボという音がして何かがつまっているような感じがあります。
このような前兆がみられる時には排水管がつまっているか、配水管が破損していることが考えられるのです。

トイレを流すとゴボゴボという普段とは違う音がするようになった時は、ラバーカップ、よくスッポンと呼ばれる用具を利用してつまっているものが取れないか試してみます。
ラバーカップがない時にはワイヤーブラシなど利用してみましょう。

水がポタポタと滴っているような音がする時には排水管の破損が考えられるので、この場合自分で対応することはできません。
業者を呼んで調査してもらい、しかるべき処置をしてもらう必要があります。
排水管の破損から水が漏れ始めると最初は少ない量でも次第に漏れる水の量が多くなり被害が広がる可能性が高いです。
壁にも影響することがあるので業者を急ぎ呼んで対処するほうが安心できます。

水がいつもよりも少ないのもつまりの前兆

水がいつもより少なくなっているときもつまりの前兆です。
水が少ないと汚物が流れにくくなるのでより一層つまりやすくなりますし、尿石と呼ばれる人の尿に含まれる成分がこびりつくこともあります。
水の量が少ない時にはタンク内にごみなどがつまっていないか確認してください。

ごみなどがたまっている可能性もありますし、タンクの中のフロートなどの部品が劣化し破損している可能性も考えられます。
ごみの堆積やフロートの破損などの不具合がみられない時には、タンクにつながる水道管の破損によりタンク内にたまる水の量に影響していることもあるでしょう。

タンクにごみなどもなくタンク内の部品に破損などがみられない時には水道業者を急ぎ依頼し、水道管などに破損がないか確認してもらうことが必要です。
水道管に亀裂があり少しずつ水が漏れている場合、いつか亀裂が大きくなり水がたくさん漏れ出す危険性もあります。
少量だから大丈夫と思わずすぐに業者へ相談したほうが良いでしょう。

トイレがつまる前兆を理解しておけば大ごとにならずに済む

完全に便器などがつまってしまうと流した水が流れずに便器からあふれたり、汚水が逆流することもあります。
きれいな水があふれるのならまだしも、汚水が逆流してくるとにおいなどもひどく処理が大変です。

集合住宅でこうしたことが起こると階下の住民にも迷惑をかけてしまうこともあり、家具などを汚せば賠償する必要も出てきます。
大きな被害となる前につまりの前兆を理解し、症状が軽いうちに修理など行うことで大きな被害にならずに済むのです。
使っていて支障がなくてもいつもと違うと感じる時には対応策を考えましょう。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県