お風呂・浴室の浴槽からの水漏れの対処法とは

ゆったりと浴槽につかり1日の疲れをとる時間はリラックスできる時間です。
中にはお風呂を1時間以上楽しむ人もいて、癒しの空間となっています。
しかし浴室の浴槽から水が漏れるなどのトラブルがあれば、この癒しの時間も台無しです。 お風呂の浴槽が水漏れとなってしまったときの対処法を理解していれば、大きなトラブルとなることもなく安心です。

浴室の浴槽から水が漏れる原因は何?

浴槽からの水漏れは浴槽のひび割れ、ゴム栓の劣化や排水口の不具合、さらには給湯器の問題が考えられます。
お湯をためてみてゴム栓をしっかりしているのにお湯がなくなる場合にはゴム栓や排水口の不具合が原因でしょう。

浴槽にお湯をためてお湯が少なくなっていくけれど、一定の位置まではたまるということならひびが入っていてそこからお湯が逃げている可能性があります。
ひびが浴槽の下部分にある場合にはゴム栓の劣化と同様に、お湯がどんどんなくなり最終的に全てなくなります。
こうした症状がみられない時には給湯器側に原因がある場合が多いです。

浴槽から水がなくなるときの対処法とは

お風呂の浴槽にお湯をためても一定のところまでしかたまらないという時には、ひびが入りお湯が抜けている可能性が高いです。
この場合、ひびの修繕が必要となるので業者を呼び必要な修理をしてもらいます。
応急処置をしてもひびが水圧で広がっていくことが予想されるので、最終的には浴槽の交換となることも考えておくべきでしょう。

お湯が全部抜けてしまう場合の対処法

お風呂の浴槽からお湯が全部抜けてしまうという場合には、ゴム栓、排水口の不具合が考えられます。
ゴム栓はその名の通りゴム素材なので長い年数利用していれば劣化して水漏れを起こす可能性が高くなるのです。

ゴム栓が原因という場合には、ホームセンターなどでゴム栓を購入しく新しいものと交換することで直るでしょう。
今すぐお風呂に入りたい、ホームセンターが開いている時間ではないという場合の対処用としては、排水口にタオルなどをおいてその上からゴム栓をギュッと押し込みます。

隙間をなくすことで水が漏れにくくなりますので応急処置になりますが、あくまでも緊急的な処置なので翌日にでもゴム栓を購入し交換しましょう。
ゴム栓はサイズがあるので排水口のサイズ、もしくは古いゴム栓をお店にもっていきスタッフの方に同じサイズのものを出してもらうと安心です。

浴室の給湯器に問題がある可能性も

浴槽に問題があって水漏れが起きていると思っていたら給湯器だったということもあります。
給湯器の場合も、故障している個所、部品などがわかれば交換することが対処法となりますが、場所の正確な判断が必要です。

内部の構成に手を出すことは危険なので、原因が特定できず外部の部品交換で直らない場合には業者に修理依頼をする必要があります。
給湯器も古くなれば交換が必要となりますので、10年から15年くらい経過している場合、安全面も考慮して交換を考えるほうがいいでしょう。

水漏れの対処法を理解すれば急なトラブルにも安心

お風呂・浴室の水漏れについて対処法や応急処置を理解していれば、急な不具合が起きてもすぐに対応できます。
パッキンの交換などで対応できることもありますが、浴槽のひび割れなどは対応できたとしても応急処置です。

ひびがあると水圧で次第に広がっていくこともありますので、水の抜けが一定の所まで行くと止まる時には業者を呼び修理してもらうか、浴槽を交換するほうが安全でしょう。
浴槽にひびが入ることがないように、ものを落としたりしないように、浴室乾燥機が付いている場合でも重いものをなるべく干さないようにするなど配慮も必要です。

           

依頼から修理完了までの流れ

※お見積りまでは無料で対応いたします

※点検時に作業を要する場合は基本料金が発生することがあります。
その際は事前に説明を行い、ご了承頂いてから作業を行います。

ページトップに戻る

依頼から修理完了までの流れservice

※お見積りまでは無料で対応致します

依頼から修理完了までの流れ

お支払いについて

対応クレジットカード【VISA・MASTER・JCB・アメリカンエクスプレス 】

取り扱いメーカー

ほぼ全てのメーカー製品の修理に対応しております。記載がないものに関してもまずはお問い合せください。

対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、三重県、茨城県、栃木県、群馬県、宮城県